飼いイヌに撃たれた???

関連写真画像 1枚・フランス北部カレー(Calais)で、猟をする男性(1999年7月17日撮影)(c)AFP

【10月30日 AFP】キジの狩猟シーズンを迎えた米中部アイオワ(Iowa)州で27日、男性が飼いイヌに撃たれて重傷を負う事故があった。

 州当局によると、撃たれたのはジェームズ・ハリス(James Harris)さん(37)。

 27日の午後、友人と2人の息子を連れてキジ狩りに訪れたハリスさんは、撃ち落としたキジを取るため手にしていた銃を地面に置き、柵を登ろうとしたところ、猟犬数匹も後に続き、地上に置かれた銃の引き金を踏んだため、銃が発砲され、銃弾が柵を登りかけたハリスさんの脚を撃ち抜いたという。

 100発から120発もの銃弾が、約1メートルの近距離から、ハリスさんの左ふくらはぎに命中。同州天然資源課広報のアラン・フォスター(Alan Foster)さんによると、ハリスさんの怪我は、命に別状はないものの、かなりの重傷で回復にはかなりの時間を要するという。

 しかし、フォスターさんの話では、人間が飼いイヌに撃たれる事故は、米国では、そう珍しい話ではないらしい。毎年1回程度は、こうした事故のニュースを聞くそうだ。(c)AFP

posted by 自動車保険について知りたい at 14:48 | 医療保険
自動車保険トップページへ戻る