7.5トンのトラック引っ張る力自慢大会、イスラエル


イスズのトラックだね。

▼沖縄語 by http://monjiro.net/
イスラエルぬテルアビブ(Tel Aviv)でやーち日、ななち.いちちトンぬトラックをみーち0メートル以ウイー引っ張るウフ会が開かれ、いきがいなぐぬ挑戦者のみぐさぁ〜ちが出場したさー。写真や、トラックを引っ張るいきが性(たーち0とう年むーちチチやーち日撮影)。
posted by 自動車保険について知りたい at 15:33 |

中国、EV車の購入補助制度を試験導入 上海など5都市で


▼博多弁 by http://monjiro.net/
中国・北京(Beijing)で開催しゃれた「2010年北京国際モーターショー(Auto China 2010)」に中国・吉利汽車(Geely Automobile)の出展したばい電気自動車(EV、2010年4月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/Peter PARKS
関連写真1/1ページ全1枚



スライドショーば見る
【6月2日 AFP】中国政府は1日、電気自動車(EV)やらなんやら代替エネルギー車購入ん補助制度ば5都市で試験的に導入しゅるっち発表したばい。

 中国財政省ウェブサイトにちゃるっち、補助金額はEV車の最高6万元(約80万円)、プラグイン型ハイブリッド(HV)車の最高5万元(約67万円)で、試験導入の実施さるるんは上海(Shanghai)、長春(Changchun)、深セン(Shenzhen)、杭州(Hangzhou)、合肥(Hefei)ん5都市。導入ん開始時期や期間は公表しゃれておらん。

 補助制度試験導入ん背景にな、深刻な大気汚染ん原因っちなっちいる排気ガスん削減、原油依存がらん脱却、環境技術開発ん促進やらなんやらん狙いのあっけん。

 中国は2020年までに、全販売車両んうち新エネルギー車の占める割合ば10〜15%にしゅる目標ば掲げとる。(
posted by 自動車保険について知りたい at 15:38 |

ジミー・ジョンソンらがニューヨークでビクトリーラップ

ビクトリーラップという言い方をするんですね。
優勝パレードってことですけど、この写真画像にある車がニューヨークを走るなんて見てみたいですね。ヘンドリック・モータースポーツ/シボレーのジミー・ジョンソンを始めとしたランキング・トップ10ドライバーが、ニューヨーク市の7番街からタイムズ・スクエアに向けて走ったって言うんですから、爆音とかもすごいだろうし、見た目もド派手だし、いいですよね。
posted by 自動車保険について知りたい at 15:11 |

夢の水素自動車、実用化の道のりはまだ遠い?

水素自動車と聞くと、爆発しそうなイメージを持つのは私だけ?
記事にある写真画像は、ホンダが発表した新型燃料電池車「FCXクラリティ」ですけどカッコイイですよね。米国は向こう20年で水素自動車の普及を図る方針を示しているらしいんですが、水素がガソリンに取って代わるには、経済性や実用性の問題を克服しなければならないと専門家らは指摘しているそうなのです。
まずはハイブリッドの電気や電池の自動車が先なのかなぁ。
posted by 自動車保険について知りたい at 16:29 |

チョコのバイオ燃料車?

関連写真画像は、チョコレートを利用したバイオ燃料を動力源とする車と「バイオトラック(Biotruck)」チームのメンバーですが、チョコレートを利用したバイオ燃料を動力源とする車の方がエコなんでしょうか?チョコを燃料にするほうが地球に優しくないような気もするけど・・・。原油高、灯油高だからチョコ燃料?

posted by 自動車保険について知りたい at 14:44 |

アメ車も環境配慮

アメリカの自動車各社も環境問題を最重要課題に掲げる方針を示しているみたいです。京都議定書に参加しないくせに〜。
 ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーも低燃費で環境に優しい自動車開発の意向を示しています。

トヨタのハイブリッドカー、プリウスは北米市場ですでに確固たる地盤を築いているそうですし、ホンダは次世代の環境配慮型自動車として、水素を燃料に用いて水蒸気しか排出しない燃料電池車、FCXクラリティのリースを来年からカリフォルニア州で始めるそうです。

バイオエタノール車なんかがアメリカでは流行ってますけど、ガソリン価格も高騰しているし、省エネカーがいいんでしょうね。

記事ニュース関連写真 1枚は、米国カリフォルニア州で開催中のロサンゼルスオートショーで、ハイブリッド版シボレー・シルバラードを紹介するシボレーのゼネラルマネージャー、エド・ペッパー氏です。



posted by 自動車保険について知りたい at 14:31 |

ドイツ車も国内販売不振

日本の国内自動車販売が不振ですけど、ドイツもそうなんですね。日本は若者の車離れと言われています。トヨタが世界一になりましたけど、国内じゃなく輸出している国際市場が好調なんですもんね。

関連写真画像 4枚・独東部ツウィッカウ(Zwickau)にあるフォルクスワーゲン(Volkswagen)の工場で、組み立てられる自動車の画像写真

【11月22日 AFP】BMWやメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)、フォルクスワーゲン(Volkswagen)といったドイツ製自動車の売れ行きが、国際市場と国内市場で明暗を分けている。

 2007年1月-10月期のドイツ車の販売高は、記録的なユーロ高ドル安にもかかわらず、前年比11%増の360万台に達した。ドイツ自動車産業団体(VDA)は、2007年度の自動車輸出は史上5番目の記録になると見込んでいる。

 一方、同期の国内新規登録台数は前年比8%減の262万台で、ドイツ統一以来の最低水準となった。注文台数も減少し、310万台の新規登録しかなかったドイツ統一(1990年)時以来、最悪の年になる可能性があるという。
  
 背景にはさまざまな要因があげられるが、中でも独経済の不振や地球温暖化の影響などが指摘されている。(
posted by 自動車保険について知りたい at 15:28 |

ロサンゼルス・オートショー、環境カーをシュワルツェネッガー知事が称賛

ロサンゼルスオートショーを、アーノルド・シュワルツェネッガー知事が視察したそうです。シュワちゃんもすっかり知事ですね。東国原知事もそうですけどね。

シュワちゃん知事は自身の環境政策を披露するとともに、自動車メーカーが環境に優しい「グリーンテクノロジー」の採用を増やしていることを称賛しました。

 シュワルツェネッガーは「映画『ターミネーター』に出演して以来、こんなに多くのテクノロジーを見たことはありません」と感想を述べたそうです。ターミネーターも革命的な映画でしたもんね。

シュワちゃんは車好きだそうで、燃費の悪い四輪駆動車ハマー(Hummer)を運転している姿をよく目撃されているそうですが、それでは、環境保護論者の反発を招きますよね。当然だ。

 しかし、2003年に同州知事に就任してからは、環境事業に多額の予算を投入してきた。2006年には、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年レベルまで引き下げるという野心的な法案を米国内の州として初めて通過させた。さらに、プライベートでは愛車ハマーを水素燃料使用車に改造した。

 また、今月8日には前代未聞の措置として、同州の自動車に対する厳格な温室効果ガス排出規制導入を承認するよう、連邦政府を提訴した。

 しかしこの政策は、自動車登録台数3000万台、公共交通機関が発達していないため、多くの人にとって車の所有が必要不可欠である同州の現実とは矛盾する。

 ガソリン価格の高騰や地球温暖化への懸念に直面し、自動車メーカーや自動車部品メーカーは、介入主義者とのレッテルを張られたくない政治家たちと同様、新技術を推進することで、米国人の自動車中心生活を維持するほうを選んでいるようだ。

 ショーでは、バイオ燃料で走るアウディ(Audi)のセダンや、燃料費の安いディーゼルを燃料とするフォルクスワーゲン・ジェッタ(Volkswagen Jetta)、これまでの方針から180度転換し、環境を汚染しない技術を模索するゼネラル・モーターズ(General Motors)を代表する電気自動車の試作品シボレー・ボルト(Chevrolet Volt)などが発表された。

 そのほか、2種類のハイブリッドカーもシュワルツェネッガー知事によって紹介された。積載量が大きく、しかも排ガスが少ない8人乗りのダッジ・デュランゴ(Dodge Durango)と、充電式のトヨタ・プリウス(Toyota Prius)だ。トヨタ自動車(Toyota Motor)は最近、リットル当たり100キロの燃費を誇る充電式プリウスをカリフォルニアの複数の大学に貸し出し、実際の走行条件下で試験を行わせた。

 最後に知事は、水蒸気しか排出しない燃料電池車、ホンダ(Honda Motor)のファミリーカー「FCXクラリティ(FCX Clarity)」を紹介した。同車は2008年にカリフォルニア州南部の一部地域で限定発売される。

 シュワルツェネッガー知事の記者会見前には、環境に優しい自動車を表彰する2007年の「グリーンカーオブザイヤー(Green Car of the Year)」の発表もあり、ハイブリッドエンジンを搭載し、10リットルで100キロの燃費を実現したシボレー・タホ(Chevrolet Tahoe)が受賞した。(c)AFP/Tangi Quemener


関連写真画像 4枚・2007年11月15日、米国カリフォルニア(California)州で開催中のロサンゼルスオートショー(Los Angeles Auto Show)でアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)カリフォルニア同州知事(中央)に燃料電池自動車を紹介するフォルクスワーゲン(Volkswagen)のシュテファン・ヤコビー(Stefan Jacoby)社長兼CEOの写真画像。



posted by 自動車保険について知りたい at 16:50 |

超小型車「スマート」、米国でビッグになるか?

関連写真画像 3枚・2007年11月12日、米カリフォルニア(California)州ベニスビーチ(Venice Beach)で、ショールームの屋根に展示されたダイムラー(Daimler)の「スマート(Smart)」。(c)AFP/GABRIEL BOUYS

【11月16日 AFP】排気ガスを大量に排出する大型車が人気の米国で、全長わずか2.5メートルの2人乗りの超小型車、ダイムラー(Daimler)の「スマート(Smart)」が今後、人気を集めそうだ。

 100万人以上の集客が予想される「ロサンゼルスオートショー(Los Angeles Auto Show)」では、米国で来年から販売される「スマート」が目玉のひとつになるとみられている。販売価格は1万1600ドル(約130万円)。安価で運転しやすく、燃費もいい。

 しかし、本当に米国人の興味をそそることができるのだろうか? 米国市場の広報担当、ケン・ケッテンバイル(Ken Kettenbeil)氏は自信満々だ。

 ケッテンバイル氏はAFPの取材に対し、「米国人がスマートを受け入れてくれると確信しています。嗜好以外にも、ガソリン価格の上昇や都市部の交通渋滞など、小型車への切り替えが進む要素はいくらでもあります」と答えた。同社はすでに3万台の予約を受注している。

 また同氏は、ロサンゼルスやニューヨーク(New York)、シカゴ(Chicago)といった大都市で、環境への意識が高い消費者層に燃費のいいスマートが歓迎されるとみている。

 先だって小型車の展示会を開いたばかりだというピーターセン自動車博物館(Petersen Automotive Museum)の学芸員、レスリー・ケンドール(Leslie Kendall)さんは、「米国人は快適な車が好きです。座って、音楽をかけて、ルーフを開けてくつろぎたい。でも今までは、安価で乗りやすく、質のいい小型車がありませんでした」と語り、米国人が必須とする要素がすべてこの小さな車に詰まっていると述べた。

 ケンドールさんは、スマートが1950-60年代に大ヒットしたフォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)のビートル(Beetle)のような成功を収めるのではないかとみている。

 そのように考えているのはケンドールさんだけではない。カナダ人のイラストレーター、グレン・ハンソン(Glen Hanson)さんもスマートのデザインにほれ込み、すでに1台予約したという。

 ハンソンさんは、「おもちゃみたいでかわいいよね。燃費もとてもいいし、独身にはもってこいだ」と語り、ハマー(Hummer)などの大型車を好む人を「あんな車を買うのは単なる見えだよ。戦場にでも行かない限り、必要ないでしょ」と皮肉った。

 さらにハンソンさんは、「(スマートは)車という概念にパラダイムシフトを起こすんじゃないかな。大きいことや広いことは重要じゃないって、これからみんなが気づき始めると思うよ」とも語った。(c)AFP/Tangi Quemener

posted by 自動車保険について知りたい at 15:33 |

バイオ燃料も一部はガソリンより環境を汚染

関連写真画像 1枚・米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)で自動車の排気管から排出される排ガス(2007年7月11日撮影)(c)AFP

【11月14日 AFP】米非営利環境団体「憂慮する科学者連盟(Union of Concerned Scientists、UCS)」は13日、石炭液化油など一部の代替自動車燃料は、ガソリンやディーゼル油より有害な温室効果ガスを多く排出する可能性があるとの研究結果を発表した。研究によると、石炭液化油の温室効果ガス排出量はガソリンを80%上回る可能性があるという。

 石炭液化油は、自動車燃料としてガソリンの依存度が高い国で、ガソリンの代替燃料として注目されている。

 研究の中で、トウモロコシ由来のエタノールは、トウモロコシの栽培方法、エタノールの製造方法によって、ガソリンより環境を汚染するかどうかが決まると指摘されている。この研究は、米国で消費されている全ガソリン量の5分の1を2030年までに代替燃料に置き換えるとの条件で行われた。

 もし代替燃料の大半を石炭液化油にすれば、自動車3400万台分、汚染が深刻化する可能性もある。逆に、より環境に優しい「進化したバイオ燃料」を利用すれば、同程度の汚染を削減することができる。もっとも環境によい選択肢は、芝生や木片から作られるセルロース由来のエタノールで、汚染を85%以上削減できるという。

 研究の著者、パトリシア・モナハン(Patricia Monahan)氏は「ガソリンからの脱却は必要だが、できる限りクリーンな代替燃料で置き換えなければならない。悪いものを別の悪いものに換えるのはやめましょう」と呼びかけている。(c)AFP
posted by 自動車保険について知りたい at 14:12 |
自動車保険トップページへ戻る